引っ越し準備まとめ

見積もり

引っ越しをするときにするべきこと

引っ越しをする際にやるべき事はたくさんあります。

引っ越しが1か月に控えた頃に大家さんを始めとした周囲の人々への挨拶やインターネットの解約や工事をし、
引っ越しの直前には市町村の役場へ転居届の届け出や住所変更に伴う水道や電気の停止の届け出など書類や契約の手続きをしなくてはなりません。

引っ越しの当日や終わった後にもすべき事はあります。

引っ越し業者への料金の支払いや電気料金などライフラインのコストや敷金の清算、
引っ越し先のガスの開栓や水道の元栓といったライフラインの使用開始と点検が引っ越しの当日中に行われますが荷物のチェックと引っ越し先の近所の挨拶回りも大切です。

前者は紛失や破損の有無の確認を、後者はあらかじめ用意していた手土産を持参すれば問題ありません。

引っ越しが完了した後は14日以内に転入届の提出や運転免許証に登録した住所の変更など住居変更によって発生した書類の手続きが完了すれば正式に引っ越しという作業は終わります。

しかし引っ越しで何よりも用心して取り組むべき事はただ1つ、引っ越し業者選びです。

費用を安く見積もる方法

まとめ

大抵の引っ越しでは引っ越し業者へ依頼しています。

その際に気になるポイントは費用であるのは言うまでもありません。

しかし引っ越しという業界では定価というものはなく代わりに見積もりはあるものの、
業者によって見積もりの料金の差が激しいという特徴があります。

幸いな事に大手の業者の見積もりは高く、中小の業者は安いという目途はありますが千差万別である事に変わりはありません。

おまけに引っ越しに取り組んでみたものの追加料金が発生する事態になったというシチュエーションも珍しくないので実際のところ引っ越しにかかる費用は不安定です。

無論選択肢としては所持している車を使用して荷物を運ぶ事も費用を抑えるための方法として挙げられますがその負担は想像以上であると断言できます。

そのため数多くの業者を比較して安い業者を見つけた方が賢明です。

特に費用を安く見積もる方法として複数の業者の利用を推奨します。

複数の業者の利用は現在の引っ越しの定番だと言われており、実際に家具はかぐせん家具の運送を専門にして扱う業者に頼み、本や洋服は荷物として発送するといった方法を選ぶ人は珍しくありません。

ネットが普及している現在において引っ越し業者を調べる事は容易いですが自力では限度があるものです。

そこで無料でサービスを提供している一括見積もりサイトの使用をおすすめします。

一括見積もりサイトの利用はサイトやページの指示に従って入力操作をするだけです。

結果はサイトに申し込んだ当日か翌日に分かるので手間はかかりません。

これにより気になっている業者の特徴が把握しやすくなり、より安い見積もりをしてくれる業者が見つけやすくなるというわけです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です