引っ越しの挨拶

お辞儀

おすすめの手土産ランキング

近年では若い方は特に引越しの挨拶をしないという方も増えていますが、家族世帯で挨拶に行かないのはマナー違反と受け取られる場合もあります。

特に小さなお子さんはいるマンション世帯などではご挨拶へ伺うようにしましょう。

手土産としては、最もオードソックスで使いやすいものとしてタオルがあります。

初めてお伺いして高価な品物をお渡しするのも相手を困惑させてしまいますので、使いやすく、消えるものが良いとされています。

予算の目安としては500円から1000円ほどの品物が良いでしょう。

タオルの他に、お菓子の詰め合わせや洗剤なども人気がありますが、最近は洗剤などはこだわりがあり、特定の銘柄しか使わないという方も増えていますので注意が必要です。

お菓子
基本的には消耗品をお渡しするのがマナーですので、お米や油なども、もらって困らないものになります。

ご挨拶に行くご家庭の家族構成を考えてお渡しする手土産を使い分けるようにするのも良いでしょう。

挨拶する範囲と基本的マナー

挨拶は賃貸物件なのか、持ち家なのか、マンションなのか、一軒家などかによってもご挨拶する範囲が変わってきます。

賃貸物件のマンションやアパートの場合、まず管理人さんや大家さんがお近くにお住まいの場合はご挨拶に行きましょう。

挨拶
万が一トラブルがあった際などにすぐに相談出来るように人間関係を良好に保っておく必要があります。

アパートやマンションの場合、両隣と階下、上の階の世帯へのご挨拶が基本的な範囲となります。

特に小さなお子さんがいたり、ペットを飼っているご家庭は階下への足音が気になりますので、下の階の方へは必ずご挨拶へ行くようにしましょう。

一軒家の持ち家になると範囲が広がります。

両隣だけではなく、自宅がある通りの角までというのが一般的になり、裏のお宅にもご挨拶を忘れないようにしましょう。

同じ区画に住んでいると、ゴミ捨ての集積所が一緒になったり、町内会が一緒になったり、もちろんお子さんの幼稚園や小学校、中学校などが一緒になってきます。

どこにどのような方が住んでいるのか把握しておくためにもご挨拶はきちんと行いましょう。

また、持ち家一戸建ての場合、何かトラブルがあったとしてもすぐに引越しをする訳にはいきません。

マンションやアパート以上に良好なご近所付き合いが必要になってきますので、最初お引越しの挨拶は欠かさないようにしましょう。

引越しの挨拶はご近所の方にご家族やお子さんの顔を覚えてもらう最善の機会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です