引っ越し費用を安く見積もる方法

電話とインターネットどちらで依頼したほうがいい?

引っ越し会社への依頼をするのであればお勧めなのは電話で依頼することです。

電話を使って依頼するのとインターネットで依頼するのとでは、情報のやり取りの点からみると明らかに電話の方が聞きたいことをすぐ聞けるため便利です。

電話
引っ越しをする際に重要なのは、引っ越しをしたいものの量や大きさです。

例えばどのくらいの量引っ越しする物があるかをインターネット上で伝えることには手間もかかり面倒です。

電話でも、もし引っ越ししたいものの量をうまく説明できずどの形式で引っ越しを頼むか迷ったとき、家に来てもらいどの形式で引っ越すのが安く済むのかを確かめてもらうために予定をすぐに合わせることができます。

インターネットでは一見楽に引っ越しを依頼できると思われがちですが、自分の想像で本来必要な引っ越しの仕方よりも大掛かりな引っ越しで申し込んだり、逆に自分が送りたい荷物を補えないくらい小さい形での引っ越しを依頼してしまうと余計に費用がかさみます。

引っ越し料金が高い時期・安い時期

引っ越しの料金が高い時期は3月になります。

3月に料金がピークになるのは引っ越す人が多いからです。

4月から新しく年度が替わるため大学生の進学や社会人の人事異動は3月に済まされることになります。

新学期
そのため引っ越し業者は料金を高くしても必然的な需要が確定しているため稼ぎ時になっています。

このようなことから3月には引っ越しのピークになり、料金もピークになります。

逆に引っ越しの料金が安くなる時期は1月、5月、6月、12月付近となっています。

理由は簡単で単に人の移動が減るためです。

人が移動しないと引っ越し業者ももうけを得ることが難しくするため、料金を安くすることによって魅力を上げたくさんの依頼をもらうようにします。

商売上これは必要な変動なので、料金は上がったり下がったりします。

7月や11月でも引っ越すタイミングとしてはまれであるため料金が安くなります。

また、祝日が多ければ多いほど引っ越すタイミングが増えるため値段は上がります。

年末年始は、ほとんどの人がゆっくり休暇を楽しむため引っ越しは減ります。

よって、料金も安くなります。

需要が多ければ多いほど料金設定は上がり、減れば減るほど料金設定を下げてでもしないと業者は利益を出すことができないので利用する人はタイミングを見計らうことが大切です。

まとめると、みんなが引っ越すときには料金が上がるため安く済ませたいのであればタイミングを可能な限りずらすことで安く引っ越すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です