見積もりの値引き交渉について

値引き交渉の成功率はどのくらい?

依頼主と業者間に信頼関係があれば、見積もり段階における値引き交渉は暗黙の了解なども含めて、ほぼ100%の確率で値引きしてもらえる可能性はあります。

交渉
商品販売のみの場合であればどんなに信頼関係があっても交渉は難航する恐れがあり、やるだけ無駄なので確立としては低くなります。

商品に設置や施工などが伴う場合であれば値引きは可能な場合もあり、交渉に応じてもらえる可能性はあります。

それでも確率は50%程度になり、信頼化関係のある業者であった場合は最初から低価格の見積もりの場合があり、値引き交渉に関しては難しくなります。

見積もりの値引き交渉は頻繁に行うと業者も商売なので嫌がられることもあり、すぐに値引き交渉する客だと思われると最初は高額の見積もりを出してきて、値引いた真似をされることもあるので注意が必要です。

値引き交渉はケースバイケースと考えて、取引額が高額になる場合のみに寝息交渉することが、成功率としては高くなります。

交渉のときに注意しておきたいポイントは?

見積もりに際しての値引き交渉は相場を知ることが大切です。

実売価格を理解していなければ交渉も無駄になり、業者との関係も悪くなる場合があります。

商品の販売であれば、インターネットなどを利用して実売価格を調べたうえで交渉することが大事です。

調査
インターネットの販売価格は度を超して安い場合があり、比較対象にならないこともあります。

こういった場合には同業者からの合い見積もりをとることで、価格の比較ができるようになります。

信頼関係が出来上がった業者との関係は崩したくないものです。

業者によっては合い見積もりを非常に嫌がる場合もあるので、買おうと思っている業者はあまり刺激しないほうが得策な場合もあります。

値引き交渉が可能なケースは主に設置や施工がある場合です。

予算的に厳しい場合の値引き交渉は、一般的に技術料などといった人件費の切りつめです。

一方的な削減を迫ると取引そのものがだめになることも考えられるので、利用しようとする業者に値引き交渉をする場合には、人数の足らないところは自分も手伝うといった姿勢を見せることで、業者の理解を得られる場合もあります。

実際に手伝うことはありませんが、値引き交渉で注意するポイントは、自分が優位に立たないということです。

商売の鉄則は相手の優位に立つことが非常に大事ですが、交渉事はその場や状況の駆け引きにおいて効果を発揮します。

お金を出す立場だからといって高圧的な態度で接することは、どのような状況においても避けるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です