セルフ引っ越し3つの秘訣

荷物は少量に、いらない物はリサイクルショップへ

住んでいる時にはあまり気付かないものですが、意外と不用品を詰め込んでいるものです。

普段はしまいこんでいるため忘れていますが、引越しのために一旦収納から出してみると、思ったよりたくさんの物を持っていることに気付かされます。

服
セルフ引っ越しではできるだけ荷物を少なくすることが大切です。

引っ越しは不用品を整理するには良いタイミングです。

使っていないものというのは自分にとってはゴミ同然ですので、新居にゴミを持ちこまないためにも引っ越しの荷造りをしながら不用品を分けていきましょう。

そのままゴミとして捨てるのも悪くはありませんが、まずはリサイクルショップへ持っていくか、量が多い時には家に来てもらって査定を受けることもできます。

オークションなどで売る方法もありますが時間がかかりますので、さっさと処分したい時にはリサイクルショップがおすすめです。

荷物を減らしてすっきりできる上に、現金化することができてメリットが大きいですね。

レンタカー業者は最安を利用しよう、友達に手伝ってもらう

荷物をできるだけ少なくしたら、その次にはレンタカーを用意します。

自家用車でも運べますが、何往復もする手間を考えればレンタカーを借りるほうが時間と労力の節約もできます。

契約する時には余裕をもったプランで契約しておきましょう。

契約した時間をオーバーすると超過料金が発生して、予定よりお金が掛かってしまう可能性が高いです。

レンタカー業者はネットでレンタル代を比較できますので、安い所を選ぶことができます。

転居先が遠い場合には、支店が多いレンタカー業者が便利です。

車を借りた店舗以外で返却できるワンウェイシステムのあるお店だと、無駄に往復する手間も省けます。

できるだけ自力で引っ越ししたいと思っても、大型家電は一人で運ぶには難しいです。

無理に運ぼうとして腰を痛めたり、最悪家電を壊してしまうこともあります。

最初から引っ越しには友達の応援を頼んでおきましょう。

引っ越し業者なら梱包からお任せできますが、セルフ引っ越しでは全て自力でする必要があります。

友達が手伝いに来るまでに梱包できるものは全て梱包しておきます。

転居先で迷わないように、どの部屋に運ぶ荷物なのかを大きくダンボールに書いておくとスムーズに引っ越しができます。

段ボール
セルフ引っ越しでは引っ越し業者に依頼するお金を節約できますが、友人関係は大切にしなくてはいけません。

最初にお礼として何をするか決めておきましょう。

引っ越しが終ったら、宅配のお寿司などを注文してその日のお礼をすれば、引っ越し後の人間関係も円満になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です