手順とやるべきこと

荷造り

荷造りを始める時期とコツ

梱包

引越しをする際に一番時間がかかることが、荷造りになります。

そのためできるだけ余裕を持って行いたいものであり、引越しをする日の前日までにはすべて終わらせておく必要があります。

多くの場合には引っ越し業者に見積もりを頼み、契約するのが引っ越しの1か月前くらいです。

そのため引っ越し業者が決まってから荷造りを始めるようにしましょう。

これは引っ越し業者によっては荷造り用の段ボールを無料で貸し出してくれるので、余計な手間を省くためにも大切なことになります。

また早いうちから段ボールなどに詰めていくものは、使用頻度の低いものから入れていくようにしましょう。

普段から使うものは、引っ越し日の1週間前あたりから徐々に仕舞っていくと物を減らすことができます。

荷造りのコツは使わないものからつかうものへと、段階を踏んで詰めていくことです。

引っ越し日当日にはその日の朝に使ったものを詰めるだけにしておくと、効率的に行うことができます。

必要な転居手続き一覧

記載

転居時に必要な手続きは多く役所関係に公共料金関係、
自動車や保険に子供がいる世帯であれば子供関係のことそしてその他があります。

役所関係の手続きは住民票の移転や移動に転入出届国民健康保険に国民年金や印鑑登録の住所変更などが必要です。

転出届は違う市区町村などに引っ越すときに必要になるので、遠い場所に引っ越す場合は忘れずに発行してもらうことが大切です。

公共料金関係では、ガスや水道に電気の手続きが必要になります。

これらはインターネットでも手続きできますが、ガスは閉栓の立ち合いが必要になるので気を付けましょう。

そのほかにも携帯絵電話や新聞、固定電話にインターネット回線の手続きも必要です。

自動車関係では免許証の住所変更を行うことやバイクであれば住所変更、車なら車検証の住所変更をしなければいけません。

そのほかにも車庫証明や駐車場を借りていたのなら、それの契約なども手続きしておきましょう。

他にも保険やクレジットカード、銀行口座なども住所変更をする必要があります。

子供がいる家庭の場合には児童手当の変更手続きや学校への転校の手続き、幼稚園への転園や母子手帳などの変更などがあるので気を付けましょう。

その他としては結婚を機に引っ越しする場合には、婚姻届けや世帯合併なども必要です。

犬と一緒に暮らしている場合は、犬の住所変更も必要なので忘れずにおこないましょう。

これら以外にも契約などをしていれば、それらの変更をする必要があります。